【人喰いの大鷲トリコ】ソニー「お前らがしつこいからバックレられなかった」


TheLastGuardian


トリコについて尋ねられることが減っていれば、キャンセルされていた


SCE ワールドワイドスタジオプレジデントの吉田修平 氏は人喰いの大鷲トリコがPS3 において直面していた技術的な問題と、PS4 へ開発を移行する困難な道程について話した。

 

本当に、本当に大変でした。というのも、このゲームが本当に作れるのかという確信が持てなかったのですから。技術的な問題に加えて、ゲームはまだ開発の初期の段階でしたから、このプロジェクトを継続し、PS4 で作りなおすぞという本当に強い意志が必要でした。そして、もちろん私達は上田さんのヴィジョンを信じていましたし、私と同様、上田さんと中核となるチームもこれを実現したいと願っていました。本当にたくさんの人がこのゲームについて尋ね続けてくれたことが、開発を継続する非常に大きな後押しとなりました

 

率直に、このゲームがキャンセルされる可能性があったのかを尋ねられると、吉田氏は

「もし皆が尋ねるのをやめていたら、多分そうしただろうね。」

と認めた。

 

 

人食いの大鷲トリコは2016年に発売予定(PS4)。

 


 

 

人喰いの大鷲トリコはキャンセルされたものだと思っていたので、今年のE3では本当に驚かされました。

ICO、ワンダと高い評価を得て、ファンを獲得していった結果が人喰いの大鷲トリコの開発継続に繋がったようですね。

前の記事(詳細はこちら)でも書いたように、ICO、ワンダは高い評価を得ているものの売上は伸ばせていないという問題があるので、人喰いの大鷲トリコでは上手く宣伝して、本当の意味で成功して欲しいですね。

 

 下の関連記事もしくは Top(ここをクリック) から、ぜひ他の記事にも目を通してみてくださいね。

  この記事に対する感想等、下のコメントで自由につぶやいて下さい。

名前欄は空白で投稿できます。

  ゲーム情報を毎日更新していますので、またこのブログに足を運んで頂けると嬉しいです

今後もこのブログをよろしくお願いします

 

Related Posts

11 Comments

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。